トイレのつまりの主な原因

トイレのつまりは、発生してしまうと、修理するまでトイレに入れなくなるのも困ってしまいます。ここでは、トイレに流してはいけないもの、異物を流してしまったときにしてはならないこと、異物を流してしまったときの対処法などについて紹介します。

トイレに流してよいものは、水とトイレットペーパーと人間の排泄物のみ。他のものを流すのは、厳禁と思っておいたほうがよいでしょう。ペットの排泄物、ティッシュペーパー、嘔吐物など、流れてくれるようでも流してはいけないものは流さないほうが、トイレのつまりを防ぐコツなのです

異物を流してしまったときに、してはならないことがあります。まず、とりあえずのラバーカップを使ってみることは避けておいたほうがよいでしょう。ラバーカップを使用することで、異物を押し込んでしまう可能性があります。すると、ひょっとしたら戻ってくるかもしれなかった異物が、排水管のカーブをふさいでしまう恐れが出てきます。また、水を何度も流すようなことも、避けておくべきです。無理に水を流すことで、便器の水位が上がって二次被害につながりかねません。

異物を流してしまったことにすぐに気付いたら、汚水ますをガードすることで対処できる場合もあります。異物をすぐに回収できればよいのですが、すでに水を流して異物を回収できなかったり、排水テストなどの手段は難しかったりという場合は、無理に自力で対処しようと思わず、専門業者に頼ることも大切です。