トイレに流すとNGな物

トイレは水を勢いよく流してくれるイメージがあり、大抵のものを流していいように考えている人もいるかもしれません。しかし実際には、トイレに流していいのは、ごく限られています。基本的に、トイレに流していいのは、トイレットペーパーと排泄物のみ。排泄物でも、嘔吐物は避けておくことが大切です。また、ペットの排泄物も、流さないほうがよいのです。トイレには、ティッシュペーパーを流すこともやめておきましょう。トイレに流せる用とあっても、つまりになりかねません。

ティッシュペーパーを流してはいけないワケは、繊維の長さが関係しています。トイレットペーパーは短い繊維で作られているのですが、ティッシュペーパーは長い繊維で編み込まれています。よりほどけにくいように作られているため、トイレでつまりを起こしやすいのです。ペットの汚物を流してはいけないのは、毛が多く混じっていたり、人間の便より溶けにくかったりするのが理由です。

他にも、食べ残しやウェットティッシュ、赤ちゃんのお尻ふき、オムツ、トイレ用ペーパークリーナーなど、つい流したくなるようなものがトイレに流してはいけないものとしてあげられています。あらかじめ把握しておくことで、トイレのつまりを回避できます。