異物を流したときの対処法

異物を流してしまった場合に、まず取りたい対処法は、汚水ますをガードすること。汚水路に異物が残っている場合は、異物が排水管の手前から戻ってくる可能性があります。その場合は、自力で異物を回収できるかもしれません。ただし、異物が排水管まで達してしまっているような場合は、専門業者に依頼した方がよいでしょう。判断がつかない場合も、業者に相談してみることをおすすめします。

異物を落としてから水を流していなければ、汚水ますにスコップなどを挿して、それ以上異物が流れていかないようにガードします。そこで異物を取り除ければよいのですが、もう目に見えないような場所に異物が流れてしまっているときには、自力での対処はリスキーです。何か対処したいと思ったら、排水テストをしてみるのも一案です。

排水テストは、異物が流れてしまっているか、手前でとどまっているかをチェックするテストです。トイレットペーパーをまとめて流すようなことになるため、このテストがかえってトイレのつまりを生んでしまう可能性もあります。焦って、ラバーカップやワイヤーブラシを使おうという考えに走ってしまうこともあるため、排水テストという手段に進む前に、専門業者に任せることも大切です。


異物を流したときのNG

トイレにうっかり異物を流してしまったというトラブルは、起こりがちです。ポケットから物を落としてしまったときなど、絶対につまる原因になるようなものが流れてしまうことがあります。そのような場合、適切な対処をすることが、重要です。間違った対処をすることで、状況が悪化してしまう恐れがあるためです。

まずやってはいけないと思っておきたいのが、ラバーカップを最初から利用すること。とりあえず、ラバーカップを利用しようとするのは、異物を無理に押し込んでしまうリスクにつながります。ラバーカップを使ってもよい状況もありますが、いきなりラバーカップを使用するのは回避しましょう。ラバーカップを使って何とかできるのは、水に溶けるものが詰まったときであることも、覚えておくようにしてください。

とりあえず、水を流そうとすることも、NG行為です。ペットの排泄物などならまだしも、硬いものがつまった場合などは、汚水路をふさいでしまい、そもそも水が流れなくなる恐れがあります。すると便器の水位があがり、二次被害につながってしまうかもしれません。一度水を流すくらいでしたらよいものの、水を何度も流すような行為は避けてください。


トイレに流すとNGな物

トイレは水を勢いよく流してくれるイメージがあり、大抵のものを流していいように考えている人もいるかもしれません。しかし実際には、トイレに流していいのは、ごく限られています。基本的に、トイレに流していいのは、トイレットペーパーと排泄物のみ。排泄物でも、嘔吐物は避けておくことが大切です。また、ペットの排泄物も、流さないほうがよいのです。トイレには、ティッシュペーパーを流すこともやめておきましょう。トイレに流せる用とあっても、つまりになりかねません。

ティッシュペーパーを流してはいけないワケは、繊維の長さが関係しています。トイレットペーパーは短い繊維で作られているのですが、ティッシュペーパーは長い繊維で編み込まれています。よりほどけにくいように作られているため、トイレでつまりを起こしやすいのです。ペットの汚物を流してはいけないのは、毛が多く混じっていたり、人間の便より溶けにくかったりするのが理由です。

他にも、食べ残しやウェットティッシュ、赤ちゃんのお尻ふき、オムツ、トイレ用ペーパークリーナーなど、つい流したくなるようなものがトイレに流してはいけないものとしてあげられています。あらかじめ把握しておくことで、トイレのつまりを回避できます。


トイレのつまりの主な原因

トイレのつまりは、発生してしまうと、修理するまでトイレに入れなくなるのも困ってしまいます。ここでは、トイレに流してはいけないもの、異物を流してしまったときにしてはならないこと、異物を流してしまったときの対処法などについて紹介します。

トイレに流してよいものは、水とトイレットペーパーと人間の排泄物のみ。他のものを流すのは、厳禁と思っておいたほうがよいでしょう。ペットの排泄物、ティッシュペーパー、嘔吐物など、流れてくれるようでも流してはいけないものは流さないほうが、トイレのつまりを防ぐコツなのです

異物を流してしまったときに、してはならないことがあります。まず、とりあえずのラバーカップを使ってみることは避けておいたほうがよいでしょう。ラバーカップを使用することで、異物を押し込んでしまう可能性があります。すると、ひょっとしたら戻ってくるかもしれなかった異物が、排水管のカーブをふさいでしまう恐れが出てきます。また、水を何度も流すようなことも、避けておくべきです。無理に水を流すことで、便器の水位が上がって二次被害につながりかねません。

異物を流してしまったことにすぐに気付いたら、汚水ますをガードすることで対処できる場合もあります。異物をすぐに回収できればよいのですが、すでに水を流して異物を回収できなかったり、排水テストなどの手段は難しかったりという場合は、無理に自力で対処しようと思わず、専門業者に頼ることも大切です。