異物を流したときのNG

トイレにうっかり異物を流してしまったというトラブルは、起こりがちです。ポケットから物を落としてしまったときなど、絶対につまる原因になるようなものが流れてしまうことがあります。そのような場合、適切な対処をすることが、重要です。間違った対処をすることで、状況が悪化してしまう恐れがあるためです。

まずやってはいけないと思っておきたいのが、ラバーカップを最初から利用すること。とりあえず、ラバーカップを利用しようとするのは、異物を無理に押し込んでしまうリスクにつながります。ラバーカップを使ってもよい状況もありますが、いきなりラバーカップを使用するのは回避しましょう。ラバーカップを使って何とかできるのは、水に溶けるものが詰まったときであることも、覚えておくようにしてください。

とりあえず、水を流そうとすることも、NG行為です。ペットの排泄物などならまだしも、硬いものがつまった場合などは、汚水路をふさいでしまい、そもそも水が流れなくなる恐れがあります。すると便器の水位があがり、二次被害につながってしまうかもしれません。一度水を流すくらいでしたらよいものの、水を何度も流すような行為は避けてください。