異物を流したときの対処法

異物を流してしまった場合に、まず取りたい対処法は、汚水ますをガードすること。汚水路に異物が残っている場合は、異物が排水管の手前から戻ってくる可能性があります。その場合は、自力で異物を回収できるかもしれません。ただし、異物が排水管まで達してしまっているような場合は、専門業者に依頼した方がよいでしょう。判断がつかない場合も、業者に相談してみることをおすすめします。

異物を落としてから水を流していなければ、汚水ますにスコップなどを挿して、それ以上異物が流れていかないようにガードします。そこで異物を取り除ければよいのですが、もう目に見えないような場所に異物が流れてしまっているときには、自力での対処はリスキーです。何か対処したいと思ったら、排水テストをしてみるのも一案です。

排水テストは、異物が流れてしまっているか、手前でとどまっているかをチェックするテストです。トイレットペーパーをまとめて流すようなことになるため、このテストがかえってトイレのつまりを生んでしまう可能性もあります。焦って、ラバーカップやワイヤーブラシを使おうという考えに走ってしまうこともあるため、排水テストという手段に進む前に、専門業者に任せることも大切です。